人気の資格を取得する方法|医療事務は病院の就職に役に立つ!

ウーマン

実技重視で選ぶ

男女

理学療法士は、運動やスポーツで怪我をしたり、痛めてしまったりした箇所をマッサージや治療によって、機能回復させるのがお仕事です。ですから、スポーツ選手だけでなく、交通事故で怪我をしてしまった場合を活躍します。運動療法や物理療法、そして日常生活の訓練など様々なトレーニングを行います。とてもやりがいのあるお仕事ですが、理学療法士になるためには高校を卒業後に大学や専門学校に進学する必要があります。厚生労働省がしている理学療法士育成施設や文部科学大臣がしている学校で3年以上学ぶことが、国家資格の受験資格をもらえます。

国家資格の合格率は90%以上ですが、受験資格を持っていないと受けることができません。そのため、理学療法士を目指している学生は、高校卒業後大学や専門学校に進学することが大事になっています。卒業後は国家資格の受験資格をもらえますので、試験に合格すると、理学療法士になることができるでしょう。

理学療法士になるために、学校を探している学生は、まずは情報収集をしてください。大学や専門学校によって、国家資格の合格率は違いますし、カリキュラムが全く違います。理学療法士には、講義だけでなく、実技も重要です。実際に患者さんの患部に触れる機会が多い学校を選ぶことが大事でしょう。少しでも多くの経験を積むことで、高い技術力を持っている理学療法士になることができるでしょう。どんなカリキュラムなのか、実技はどのくらいの時間あるのかを調べてみましょう。